クリニック求人情報!看護師が転職で失敗しないコツ

クリニックで働くメリットとデメリット

クリニックに勤める前にその内容をよく知る必要があります。そもそもクリニックとは内科・小児科・胃腸科・整形外科・耳鼻科など様々な専門科目を中心に診察や治療を行う所で、ベット数が無床を含め、19床以下の医療機関のことを指します。という定義があります。主な業務内容としては問診、バイタルサインの測定、注射、点滴、採血業務、医師の診察介助、治療器具の洗浄・消毒、患者指導などがあげられます。クリニックによっては事務員を雇っていないので受付業務もその一つです。クリニックで働くメリットとしては、夜勤がなく、休日もしっかりとれるということです。休日に関してはその診療所の休みに合わせた休みなので、毎週決まった日に休みなので、生活リズムもつくりやすいです。その分、病棟看護師にくらべ、給料が安くなってしまうのがデメリットとして挙げられます。休日は診療所の休みに合わせた形になるので、診療所によってはお盆休みなどの長期休暇も存在します。クリニックのデメリット、給料ばりではなく、大きな病院にくらべると医療・看護のレベルが低いということが挙げられます。大きな病院では最先端の技術を即座にとりいれたりと対応は早いのですが、小規模のクリニックになると、そのための費用もだいぶかかりますし、医療機器となるとその場所の確保も困難になります。そういった点では技術の遅れ4を感じることはあります。以上のことを踏まえ、自分に合っているのは病院か?クリニックか?クリニックだと、どのクリニックするか?など色々検討する必要もあります。